糖尿病でお悩みなら

グルコファージの副作用

 

皆さんは、糖尿病治療薬「グルコファージ」の「副作用について」どのくらいご存じなのでしょうか。
この薬なら詳しく知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。
または、興味はあるけれど詳しいことは知らない、使ったことが無いのでよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、この薬の副作用についてわかりやすく説明していきます。 
グルコファージは、血糖値を下げる効果があります。そのため、糖尿病の治療薬として使用されます。
薬の適応となるのは、インスリン非依存型糖尿病の2型糖尿病についてです。
この薬の特徴についてですが、インスリンの感受性を高める作用があります。
欧米においては、2型糖尿病の第一選択薬として、一般的に広く使用されています。
糖尿病において、最も気を付けなければいけないのは合併症を引き起こすことです。
血糖値が高いままだと腎臓病や、神経障害、網膜症など、様々な不具合が起こってしまいます。
グルコファージの副作用については、吐き気、下痢、嘔吐、腹痛、食欲不振、肝機能異常、乳酸上昇などがあります。
この薬は医師の処方が必要な、要指示薬です。
医師の指示に従って、用法容量を守って服用されることをおすすめします。

▼▼▼グルコファージがまとめ買いで安い!▼▼▼
後払いOKの通販・医薬品個人輸入【アイドラッグマート】

 

通販・個人輸入で買えるグルコファージ 売れ筋ランキング

 
  • グルコファージ

    第1位グルコファージ

    グルコファージは糖分の吸収や生成を抑え、糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。

    複数注文で割引あり!

  • アマリール錠

    第2位アマリール錠

    アマリール錠はインスリン分泌促進作用が比較的おだやかで、低血糖症のリスクが少ないと期待される糖尿病治療用薬です。

    複数注文で割引あり!

  • ベイスン

    第3位ベイスン

    「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。

    複数注文で割引あり!

  • エクサーメット

    第4位エクサーメット

    エクサーメット(メルビン錠のジェネリック)は、糖分の吸収や生成を抑え、糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。

    複数注文で割引あり!

  • ジャヌビア

    第5位ジャヌビア

    ジャヌビアはインクレチンと言われるホルモン(GLP-1、GIP)の効果を高め、元々体に備わっている血糖コントロール機能を強化するものなので危険な低血糖も無く、副作用も軽いと言われている糖尿病治療薬です。

    複数注文で割引あり!

  
Copyright © グルコファージの情報サイト. All Rights Reserved.